Home » ひの新選組ニュース » 企画展「戊辰戦争150年 幕末の銃砲」開催

企画展「戊辰戦争150年 幕末の銃砲」開催


平成30年(2018年)は戊辰戦争から150年。

嘉永6年(1853年)の黒船来航から、明治2年(1869年)の戊辰戦争終結まで15年。

この短期間で日本は欧米列強の脅威に対抗するため、急速に近代化しました。

この時期輸入された洋式銃砲や戦術理論の変遷をたどると、こうした幕末や戊辰戦争期の近代化やも見えてきます。

この企画展では、早くから鉄砲や大砲を導入していた新選組や、幕末期の日野に存在し、鉄砲も用いていた農兵隊である「日野宿農兵隊」などについてもみていきます。

 

企画展「戊辰戦争150年 幕末の銃砲」

  
開催期間 平成30年10月20日(土)~12月24日(月・祝) ※休館日月曜日(12月24日(月祝)は開館)
開館時間 9:30~17:00(最終入館16:30)
入館料入館料大人200円、小中学生50円は必要

小・中学生対象 体験イベント

体験入門 天然理心流
開催日時 7月28日(土)・8月25日(土) 10:00~12:00
展示構成
  1. 洋式砲術の導入
  2. 洋式砲術の変遷と戊辰戦争
  3. 日野・新選組と銃砲

交通 JR日野駅より徒歩15分 JR日野駅、京王線高幡不動駅より京王バス「日02」系統 日野七小入口下車徒歩5分 車利用の際は日野市役所駐車場をご利用下さい。
お問合せ 日野市立新選組のふるさと歴史館
〒191-0016 東京都日野市神明4-16-1
TEL:042-583-5100
公式サイト
shinsenr@city.hino.lg.jp
 
▲このページの上へ

© NPO法人 日野市観光協会 All rights reserved.