Home » ひの新選組ニュース » 体験学習会「石田散薬を作ってみよう」

体験学習会「石田散薬を作ってみよう」

日野で暮らしていた土方歳三は自分の家で製造していた「石田散薬」を売り歩いていたと言います。

土方歳三資料館には当時使われていた製造道具などが保存されています。

資料館でこれらを見学をした後、今も用水路脇に生えている「石田散薬」の原料(ミゾソバ)をから収穫。

これを薬研ですりつぶして 袋に詰めるまでの一連の製造工程を2日間かけて体験するイベントが開催されます。

体験学習会「石田散薬を作ってみよう」

日 時 1日目:7月29日(土) 10:00~14:00
2日目:8月26日(土) 10:00~14:00
(※2日間参加できる方)
参加費 無料(ただし、土方歳三資料館入館料(大人500円、小・中学生300円)が必要
入館料 200円 小人50円
内 容 1日目
10:00、多摩モノレール万願寺駅改札に集合
土方歳三資料館見学
用水路脇でミゾソバ採集
日野市郷土資料館でミゾソバの洗浄・乾燥作業

2日目
10:00、日野市郷土資料館集合
石田散薬製造体験(焙烙で炒る、薬研で摺る、袋に詰める等)
定 員 先着20名(小学校3年生以下は保護者同伴)
小・中学生向けの製造体験だけのイベントも開催されます。
詳しくはこちら☞夏の企画展【新選組ってなんだろう2017】「クイズで楽しむ新選組 ~幕末の謎を解き明かせ~」
申 込 新選組のふるさと歴史館(042-583-5100)に申込
お問合せ 日野市立新選組のふるさと歴史館
〒191-0016 東京都日野市神明4-16-1
TEL:042-583-5100
公式サイト
shinsenr@city.hino.lg.jp
 
▲このページの上へ

© NPO法人 日野市観光協会 All rights reserved.