Home » 全国新選組ゆかりの地 » 茨城県行方市

茨城県行方市

新選組キーワード

  • 旧水戸藩(一部)
  • 芹沢鴨、平間重助の出身地
 

地域の特色

 茨城県の南東部、霞ヶ浦の東岸に位置する。西は霞ヶ浦を隔てて霞ヶ浦町に、東は北浦町と鉾田町、北は小川町、南は麻生町に接している。

 古代・万葉の時代から幕末まで、各時代の史跡、文化財が数多く残る文化の町。幕末には幕命よりも勅命を重んじる尊皇攘夷の過激組織・天狗党が活動を行う。

幕末~維新の主な人物

芹沢鴨
浪士組参加までは下村継次と名乗っており、神道無念流免許皆伝の腕を持つ。水戸勤王派の武田耕雲斎に学び、天狗党(旧玉造党)の一員であったといわれる。壬生浪士組では筆頭局長。「尽忠報国之士芹沢鴨」と刻んだ三百匁(約1.1kg)の鉄扇を常に携帯。短気で粗暴な振る舞いが災いし会津藩より近藤らに暗殺の指示が下され死亡。優れた和歌を残すなど学問もあった。
平間重助
芹沢鴨とともに浪士組に参加。壬生浪士組では副長助勤,勘定役を任される。芹沢暗殺の際には難を免れ、脱走し郷里に戻る。
武田耕雲斎
水戸尊攘派の総帥にして、尊攘過激派である天狗党の盟主。尽忠報国の至誠を朝廷に嘆訴しようと京都に向かう途中、藤田小四郎らとともに越前で加賀藩に捕らえられ鰊蔵に拘禁。斬罪。享年63歳。

主な名所

霞ヶ浦
国内で2番目に大きな湖。もとは内湾であったが、16~17世紀の相次ぐ河川工事により湖沼となる。
三昧塚古墳
昭和30年、霞ヶ浦の護岸工事で土砂を出した際に発見された前方後円墳。盗掘に合わずにいた石棺からは様々な副葬品が出土した。
帆引き船漁
明治13年に折本良平という人が考案したものだと言われる。船を横に使うため、風をはらんだ大きな帆とのバランスに熟練した技術を要する。
 
▲このページの上へ

© NPO法人 日野市観光協会 All rights reserved.