Home » 全国新選組ゆかりの地 » 新潟県長岡市

新潟県長岡市

新選組キーワード

  • 旧長岡藩
  • 戊辰戦争 北越最大の激戦地
 

地域の特色

 新潟平野の南端に位置し、東西に東山連峰と西山丘陵地が横たわる。信濃川を軸に四季の移り変わりが鮮やかで、美しく豊かな自然に恵まれ、古代より政治経済・流通の要衝として栄えた。

 幕末には、北越戊辰戦争激戦の地として、死闘が繰り広げられ、250年余年かけて築き上げた城下町は廃墟と化した。その後、第二次世界大戦の長岡空襲により、まちは打撃を受けたが、二度の戦争から復興を成し遂げた。

 現在では、毎年8月2・3日に開催される「長岡まつりの大花火大会」は、日本一の大会として全国的に有名である。

幕末~維新の主な人物

河合継之助
文政10年(1827)、長岡城下で生まれる。越後長岡藩の家老で、戊辰戦争を避けようと、新政府軍との小千谷会談に臨むも決裂。奥羽越同盟軍を総指揮し、西軍と勇敢に戦ったが、只見町(福島県)で最期を遂げる。
小林虎三郎
文政11年(1828)、長岡藩士の三男として生まれる。その後、佐久間象山の門下に入り、吉田松陰とともに、象山門下に二虎と称せられるほどの教育者として知られる。三根藩主が送ってきた米百俵を国漢学校の設立にあて、長岡の教育の基を築いた。

主な名所

長岡まつり
8月1~3日に開催。「悠久太鼓」や「みこし渡御」をはじめ、夜には約2万発の花火が打ち上げられる。「大花火大会」が有名である。
米百俵まつり
平成14年より、「米百俵」の精神を後世に伝えるべく実施。市民500人が当時の装束を着て市街を歩く「越後長岡時代行列」をはじめさまざまな行事でにぎわう。
長岡市郷土資料館
悠久山公園内の高台にあり、河合継之助や小林虎三郎等などの資料を閲覧することができる。
悠久山公園
長岡藩ゆかりの公園。市民に「お山」と呼ばれ、親しまれる桜の名所。

長岡市公式サイト

 
▲このページの上へ

© NPO法人 日野市観光協会 All rights reserved.