Home » 全国新選組ゆかりの地 » 北海道函館市

北海道函館市

新選組キーワード

  • 函館戦争
  • 土方歳三最期の地
 

地域の特色

 北海道渡島半島の南部に位置し、道南地方を代表する北海道第3の都市。その形状は中心市街地から扇状形に広がりをみせ、人口は約29万人。四季折々に全く異なる姿を見せ、北の大地の魅力に溢れたまちである。

 幕末には、五稜郭が、日本最後の内戦「箱館戦争」の激しい戦いの舞台となり、その終結とともに、長い間続いた封建制度が終わりを告げ、日本の新しい時代の幕開けを迎えた。

 現在では、日本最初の国際貿易港として栄えた異国情緒あふれる街並みや、とれたての新鮮な魚介類、函館山からの夜景など、観光スポットが市内随所に点在するなど、観光都市としての側面が強い。

幕末~維新の主な人物

榎本武揚
1868年江戸幕府の海軍副総裁に就任、同年勃発した戊辰戦争にあたり、幕府艦隊に率いて五稜郭に蝦夷協和国を設立するも、翌年降伏。内閣制度の成立後は、逓信大臣等各種大臣を歴任。72歳で命を閉じた。
高田屋嘉兵衛
寛政7年(1796)函館に来航。一代で財をなした豪商。私財を社会資本に投入現在の函館の基盤を築く。

主な名所

五稜郭
我が国最初の洋式城郭。桜の名所として知られており、現在は公園として市民に開放されている。また毎年5月には函館五稜郭祭が開催される。
函館山
標高344mの頂からは函館市街と港を一望できる。また、夜景の美しさは特に有名。
立待岬
津軽海峡に突き出た地形で、はるか下北・津軽両半島を望む雄大な眺めが壮観。
碧血碑
新選組副長・土方歳三をはじめ、函館戦争で戦死した旧幕府脱走軍の兵士800名が葬られている。
土方歳三最後の地碑
明治2年(1869)に壮絶な死を遂げた地に昭和33年に最期の地碑が建てられた。他に十字街付近、大手町付近という説もある。

函館市公式サイト

 
▲このページの上へ

© NPO法人 日野市観光協会 All rights reserved.