Home » 全国新選組ゆかりの地 » 福島県会津若松市

福島県会津若松市

新選組キーワード

  • 旧会津藩
  • 戊辰戦争
  • 会津戦争
 

地域の特色

 福島県の西部に位置し、広い盆地と磐梯山、猪苗代湖などの豊かな自然に囲まれた会津地方の中心地。東山、芦ノ牧の温泉地や酒の蔵元、会津漆器などの地場産業が盛んで、平成11年に市制施行百周年を迎えた長い歴史と伝統を育むまち。

 会津松平藩二十三万石の城下町として栄えたが、幕末には倒幕派と旧幕府軍の戦いである戊辰戦争の舞台となり、最後まで抵抗し、激しく戦ったが降伏を余儀なくされた。

 また、近年はコンピュータ専門の大学として国内随一の規模を誇る会津大学を活用し、最先端技術研究が進められており、古きと新しきの融合を目指している。

幕末~維新の主な人物

松平容保
会津藩藩主。文久二年(1862)に京都守護職を拝命。近藤勇らをお預かりとし、壬生浪士組(のちの新選組)を誕生させる。
齊藤一
「一刀流」の流れを継ぐ「無外流」の達人といわれている。新選組三番隊長として活躍、一時脱退するも、復帰。その後は山口二郎と改名、戊辰戦争に身を投じる。会津戦争の際土方歳三と意見が対立、会津に残り、晩年は藤田五郎と改名、会津人として72年の人生を全うした。
佐々木只三郎
会津藩士佐々木源八の三男。清河八郎を江戸で暗殺、京都見廻組として新選組とともに京都の治安維持に努める。鳥羽・伏見の戦いで負傷し、和歌山の紀三井寺で死去。享年36歳。

主な名所

飯盛山
山中に白虎隊の墓をはじめ、松平容保の歌碑や石碑が建てられている。
東山温泉
天平年間の開湯。土方歳三も湯治に訪れたと言われている。
鶴ヶ城
600年の歴史を有する市のシンボル。
松平家院内御廟
歴代の会津藩主墓所。

会津若松市公式サイト

 
▲このページの上へ

© NPO法人 日野市観光協会 All rights reserved.